自担の初主演映画を観てきた

 

 

2017年11月18日

   映画「泥棒役者」公開

 

ついに自担である丸山隆平さんの初主演映画の公開日を迎えました。泥棒役者に関するイベントの全てに参加することができなかった私としてはこの日が初鑑賞でした。

ぽんぽん話題が変わる感想の中で、五行に一回ほど宣伝ぶっ込んでいきます。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

                         〜 あらすじ 〜

   君は、誰?

   脅されて仕方なく泥棒に入った一軒の豪邸で、訪問者    たちに、次々と“別人”に間違えられる【元・泥棒】。

    自分の正体を隠すため、何役をも必死に演じるハメ       になった彼は、はたして、無事に屋敷を抜け出し、       愛する恋人の元に帰れるのか…!? 

 

だまし、だまされ、笑って、最後にホロリな超喜劇エンターテインメントです!!最初に言っておくと、観て損は絶対にしません。あらすじだけでもうドキドキワクワク!!もう何も考える必要はないので、映画のチケットを劇場で買って是非観てください。宜しくお願いします。私は泥棒役者が売れて欲しい!!!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 〜感想〜

観終わって思ったのは、この映画で丸山さんが主演を演じることが出来たのは本当に幸せなことだなあと。笑えて、温かさも切なさも甘さも兼ね備えていて、涙が出てしまうシーンもあるのに、最後には前を向く勇気をもらえるこの映画は最近の映画には無いタイプのものだなと感じました。観てるだけで心が温まる、ハートウォーミングで素敵な喜劇です。舞台が原作でテンポが良く、起承転結もしっかりしており、観ていてストーリーがスムーズに頭に入ってきました。舞台の良さを残しつつも、映画だからこそできる最大限の魅力を引き出しています。丸山さんが言っていた通り、通しでの映像が、多かったです。それによって味わえる臨場感がすごい!

物語の軸は丸山さん演じる大貫はじめですが、他の登場人物の目線になって映画を楽しむことも出来るように感じました。こんなところも他の映画とは一味違うテイストになってると思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

泥棒役者を観るにあたっての注目ポイントが三つあります(超個人的)

一つ目は「過去に向き合う」です。

はじめくん、前園先生、轟さん、奥さんはそれぞれ「過去への後悔」を持っています。どんな後悔かっていうのは、映画で是非確認してください♡で、その過去への後悔を4人で解決していくのが良い。特に前園先生の後悔がやばい。なぜ絵本を書けなくなってしまったのか、「タマとミキ」に込められた想いとは?泣きます。私は泣きました。さあ近くの劇場へレッツゴー!!!

(飼い猫のタマが無い知恵を絞ってミキを助け出すって最高に面白い。タマに知恵がないの可愛すぎ)

f:id:QOOMR:20171121012230j:image

 

次に二つ目のポイントは鮮やかな色使いです。キャラクターそれぞれにぴったりな色分けもされています。大貫はじめは「青」(仮)、前園俊太郎は「赤」、轟良介は「緑」、奥江里子は「黄色」、畠山則男は「黒」、藤岡美沙は「ピンク」高梨仁は「黄土色」、編集長は「黄緑」です。

なぜはじめくんの青を(仮)にしたのかというと、観ていて青というよりかは「無色」の方がしっくりくると思ったからです。豪邸の中で色々な人に間違われて、それぞれを演じていくはじめくんはカメレオンみたいで、何色にでも変化するから私の中では無色の透明です。

キャラクター個人のカラーだけでなく豪邸の部屋の配色や、途中で出てくる童話も色鮮やかで目でも楽しめます。タマとミキの配色も可愛いな。でもやっぱり一番好きなのは豪邸のリビングかな…。さすが童話作家!って感じの夢のあるお部屋です。そこに置いてあるタマとミキの銅像がかっわいい。

 

 

そして三つ目のポイントは「美沙」です。お料理上手ではじめくんには勿体ない出来過ぎな彼女の美沙です。美沙も可愛いけど、それより普通に高畑充希ちゃんがめちゃくそ可愛い。

可愛いとこ① : もっこもこの部屋着

似合いすぎだし可愛すぎ…。全身もっこもこです。抱きしめたい。

可愛いとこ② : 怒る着眼点

まず物語の日が美沙の誕生日なのにはじめくんが豪邸に連れてかれて、仕事だと理由をつけてデートに行けなくなったって伝えた時、最初に出てきた言葉が、せっかくメイクもちゃんとしたのに…で、怒るとこ、そこ!?って(笑)(超個人的)

可愛いとこ③ : 言動

仕事なら仕方ないね、と納得した美沙はお家でカニクリームコロッケを作って待ってるんですけど、そこがもう出来た彼女すぎてやばい。で、はじめくんが早く帰るからって言うと、じゃあカニさん早くつかまえて来なきゃ🦀って………。可愛すぎて悩ましい。

個人的に高畑充希ちゃんが好きなことも相まって、美沙が出てくるシーンは全て好きです。最後までよく出来た彼女です。

(二人で浴衣を着て花火をやるシーンがあって、CDTVかな?で浴衣姿の高畑充希ちゃんが綺麗だったって丸山さんが言ってたのに本編では一瞬しか映らないので注意。あれはもうちょっと尺あっても良かった。なのでメイキング期待してます♡)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、最後に応答セヨが流れた瞬間に映画の内容とリンクして涙が出ました。

「つまずいてばかりの僕を 君だけは笑わなかった」なんてもろ美沙のことじゃないですか。 何なの?開始5秒で泣かせないで欲しい。まず映画館で関ジャニ∞の歌が流れてるのだけでも感動するのに、さらに自担の映画の主題歌とか泣くしかなかった。スクリーンに丸山さんの名前が一番最初に出たのもグッときたなあ。

応答セヨも主人公(=僕)を 丸山さんだけでなく誰に置き換えてもその人の歌に聞こえました。(一番限定なところはあるけど。)特に前園先生。映画見た後に聞くとはじめくんとどっちとも取れます。やっぱり応答セヨ最高ーーー!!!!なんで売れないの………。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

最後に丸山隆平さんへ(?)

発表から約10ヶ月、撮影から宣伝までお疲れ様でした。ある人が出家をしてしまいクランクアップが1ヶ月伸びてしまうというアクシデントがあったにも関わらず、その話題を明るい方向に変えてくれたことに安心したのを覚えています。

主題歌を関ジャニ∞が務めると決まった時は本当に嬉しかったです。応答セヨ素晴らしく最高。でもバンド曲なので丸山さんが関ジャニ∞のセンターで歌うのを見れないのが悔しいです。

そして、数々の宣伝本当にお疲れ様でした。雑誌は情報に追いつくのがやっとなくらいたくさん出ていて、取材も撮影も大変な量だったと思います。テレビではこの1週間丸山さんを見ない日がありませんでした。新たな丸山さんの一面をたくさん知ることが出来ました。個人的にVS嵐に出てくれたのがすっごく嬉しかったです。私の中では爪痕ガッツリ残りました大丈夫です。ニノちゃんとクリフクライムをやったという事実だけでもうお腹いっぱいです。

共演者の皆様にも愛されていて誇りに思います。仲の良いエピソードが出てくる度に微笑ましさを感じましたし、本当に泥棒役者に出演することができて良かったなあと思っています。

 

 

私は幸せです。今この瞬間丸山隆平を好きで良かった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まだ泥棒役者を観に行ってない方、観に行こうか悩んでる方、もう一回行こうかなって思ってる方。泥棒役者は、

まだ終わってないにゃーーーー!!!!!

f:id:QOOMR:20171121235600p:image

 

 

是非観に行ってください!エンドロールは最後まで!応答セヨ終わるまで帰らないで!!私は11月26日にもう一回観に行きます。妻だから!!